充実したこだわりの品揃えと、豊富な知識を持った専門スタッフがお待ちしております | HOME | 会社概要 | お問い合わせ |
アニマルバスケット ペット専用サロン・ドッグシャワー&スパ・ペットグッズ販売・セルフウォッシュ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SHOP GUIDE
お店のご案内
店舗写真
〒770-0923
徳島市大道3丁目42-2
tel:088-622-1627
fax:088-655-6607
【営業時間】 9:00〜19:00
【定休日】 不定休
地図はコチラ
INFORMATION
カンタンお手入れ 詳細はコチラ
イチ押し商品 詳細はコチラ
EVENT
HOME > カンタンお手入れ講座
カンタンお手入れ講座
第十九回 ドライング★(タオルドライ)
シャンプー後は、まず、ビショビショ汗にぬれた体をタオルで優しくしっかり拭いてあげましょう。
一見、簡単そうに見えるこの作業ですが、トリマーの世界では「ドライング時間はタオルドライがきちんとできているかどうかで決まる!」と言われるほど重要な作業です。嬉しい

■□■□■□タオルドライ□■□■□■

STEP1
まず、ワンちゃんネコちゃんをシャンプー台に入れたままで、ペットタオル(ターバンタオル)を使って水分を吸い取っていきます。
水分は体の高い位置から低い位置へと流れていくので、頭や背中など体の高い所から始めま
 す。特にお顔は、流れてきた水が目や鼻にはいらないように早めに拭いてあげましょう。
短毛種の子は毛が密集しているので地肌からしっかり水分を吸い取るように、長毛種の子は
 細い毛がからまないように気をつけましょう。
ペットタオルはギュッと絞るとまた、吸収力が復活します。こまめに絞って1か所1か所しっかり
 水分を吸い取ってください。

プルプルッと身震いしても水滴が飛び散らないくらいになればOKです。グッド

★STEP2★
次に、トリミングテーブルに移動してタオルで地肌から水分をしっかり拭き取っていきます。
短毛種の子は特に乾きにくいので、何枚もタオルを使って毛流に逆らいながら、地肌から水気を拭き取っていきます。顔や足先、指の間など毛の短い所もしっかり拭き取っておくと、自然乾燥してドライヤーの時間を短縮することができます。聞き耳を立てる
長毛種の子は、毛がこすれると傷んでしまうので毛をこすり合わさないように、地肌を拭いてから毛を軽く押さえるようにしてあげてください。

全体の水分がとれて毛がふんわりとしたらOKですグッド
次のドライヤーの作業へとりかかりましょう。
Posted by : ab0902 | - | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0)
第十八回 シャンプー★
シャンプー前の準備が万全にできたら、早速シャンプーにとりかかりましょう犬温泉猫

■□■□■□シャンプーの仕方□■□■□■
STEP1
まずは皮膚と被毛をお湯でしっかりと体のすみずみまで濡らしていきます。
お湯の温度は約38度くらい。少しぬるいかなと感じるくらいが適温です。
上からお湯をざぁっとかけてしまわずに、シャワーヘッドを皮膚につけて低い位置から順に高い位置へと動かしていきます。恐がらないように頭は一番最後に水量をゆるめてゆっくりとお湯をかけてあげてください。(ノミがいる場合はノミが逃げ込まないように一番最初に濡らします。)
最後に毛をめくりあげて、きちんと濡らせているか確認しましょう。
 

STEP2
体が濡らせたら次に肛門腺をしぼります。(第14回肛門腺をしぼる参照。)
しぼったあとは、分泌物をよく洗い流しましょう。

STEP3
4〜5倍に薄めたシャンプー剤を全身にかけて、指の腹で皮膚をマッサージするように汚れを落としていきます。指の間や肛門周りも忘れないように!!
(よく汚れている子はシャンプーの濃度を少し濃くしたり、2度洗いをしたりします。)
この時も頭は一番最後にシャンプー剤をかけてください。目に入らないように注意しながら目やにや口周りの汚れをノミとりコームを使ってキレイに取り除きます。

全身が洗えたら、顔から洗い流していきます。目や耳に入らないように気をつけてあげましょう。顔にお湯がかかるのを嫌がる子は手にお湯をとってゆっくりと声をかけながら流してあげてください。

内股や指の間、わきの下はシャンプー剤が残りやすいので、前足を持って立たせてしっかりと洗い流しましょう。(洗い残しがあると皮膚疾患のもとになるので念入りに!)

STEP4
4〜5倍に薄めたリンス剤を全身にかけてよくなじませて洗い流します。
シャンプー同様、頭から流し始めて最後は前足を持って立たせ、脇の下や内股を念入りに洗い流しましょう。
しっかりと洗い流せたらシャンプーのできあがりです♪
Posted by : ab0902 | - | 17:32 | - | -
第十七回シャンプー★(その前に)
シャンプー剤が決まったら、シャンプーをするための準備にとりかかります。
手際よく作業をすすめるために、私たちが普段どんな道具を使ってどんな準備をしているかをご紹介したいと思います。

■□■□■□シャンプーの下準備□■□■□■
ブラッシング
シャンプー前に必ず、抜け毛や毛玉をブラッシングで取り除きます。
毛玉は濡らすと固くなってほぐれにくくなり、更にひどい状態になってしまいます。
シャンプー・リンス剤
シャンプー・リンス剤は使いやすいように4〜5倍にお湯で薄めておきます。
薄めて使う方が泡立ちも良く、全身によくゆきわたります。
(薄める容器は100円ショップで売られているよなケチャップやソースを入れる容器を使うのがおすすめです。)
*トリートメントを使用する場合は薄める必要はありません。
タオル
サロンでは普通のタオルのほかに、超吸収性のペットタオル(ターバンタオル)を使用しています。ギュッとしぼるだけで、吸収力が甦るため何度でも使えて水気をしっかりと吸い取ってくれます!!

ノミ取りコーム
ノミ取りコームはノミをとるだけでなく目やにや口周りの汚れなど、ブラッシングだけでは取りきれない汚れをシャンプー時に取るときに使います。
ガンコな汚れはシャンプー前から、水分を含ませた綿花などでしっかりとしめらせておくと取れやすくなります。

そのほかにも、お湯の温度の設定(約38度)やドライヤー、ブラシなどスムーズに作業が進むようにしっかりと準備しておきましょう。
シャンプーする側もプルプル攻撃でビショビショにならないよう、水を通さないエプロンをつけるなどしてしっかりと防御しておいてくださいねおはな
Posted by : ab0902 | - | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0)
第十六回 シャンプー★(シャンプー・リンス剤の種類)
シャンプー剤には、皮膚の状態や汚れ具合い、洗いあがった時の香りや手触りなどによってたくさんの種類があります。
今回はサロンで使用しているシャンプー剤をいくつかご紹介して、シャンプー剤選びの参考にしていただければと思います。
シャンプー剤ひとつで皮膚の状態や被毛のツヤ、体臭などが改善されることもあります。慎重にご自分のワンちゃんネコちゃんに合ったものを選らんであげてくださいね♪
             
■□■□■□シャンプー・リンス剤の種類について□■□■□■
                  350ml¥1890
ゾイック パピドールシャンプー・リンス(仔犬・仔猫用)
ワンちゃんネコちゃんの皮膚は人間よりもずっとデリケートです。その中でも特にデリケートな仔犬・仔猫のためにやさしく低刺激にできたシャンプー・リンスです。仔犬や仔猫だけでなく、お肌の弱い子にもお使っていただけます。サロンではワンちゃんよりも皮膚のデリケートなネコちゃんたちに使わせてもらっています。やさしいフルーティーな香り。

                  300ml¥2625
シャンメシャン 自然のシャンプー・リンス
100%天然植物性。合成界面活性剤、合成酸化防止剤防腐剤、着色料が一切使用されていないので排水後、100%自然分解されます。泡立ち・泡切れが良く、さっと洗い流せるので、中大型犬のワンちゃんにもおすすめです。ハーブの香りで、香りの持ちがとてもいいシャンプー・リンスです。

                  200ml¥2100
ゾイックファーメイクシャンプー・コンディショナー
被毛本来のハリとコシをよみがえらせ、ふんわりフワフワの仕上がりが持続しますラブどんなスタイルもふんわり決まるので、プードルなどのカットが必要なワンちゃんにおすすめです。ローズとスズランの香り。

                  300ml¥2415
ゾイック薬用シャンプー・コンディショナー
フケ・カユミなどの皮膚トラブルを改善します。きわめて低刺激!皮膚を健康な状態へと近づけます。フレッシュフローラルのほのかな香り。

                  300ml¥2100 
ゾイック 消臭シャンプー
アンモニア臭などのガンコな悪臭がスッキリ落ちて、シャンプー後に出る体臭なども抑えてくれます。消臭力の高い天然植物エキスを使用しているので、低刺激!皮膚の弱い子でも心配いりません。シャンプー自体は無臭です。お好きな香りのリンス・コンディショナーをご使用ください。

                  350ml¥1995
ゾイック のみとりシャンプー
ノミ・ダニを駆除する専用のシャンプーです。薬品くささがないのが特徴で、ノミ・ダニの多い季節、お散歩に行くワンちゃんには特におすすめです。フルーティーフローラルの香り。


そのほかにも、被毛を補修するためのトリートメントやガンコな汚れを落とすクレンジングシャンプーや泥パックなど、たくさんのアイテムをその時々によって使い分けています。お悩みの際は、なんでもご相談ください!!
Posted by : ab0902 | - | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0)
第十五回 肛門周りの毛のカット★
肛門周りはうんちや肛門腺などでとても汚れやすい場所です。
うんちがやわらかい時など、毛が伸びていると拭きとるのもひと苦労ですし、汚れたままにしておくと皮膚がただれて真っ赤になってしまうこともあります。
そうならないためにも、普段から短くカットしてお手入れしやすいようにしておいてあげましょう♪

■□■□■□肛門周りの毛のカット□■□■□■
STEP1
肛門が正面から見える位置に立って、しっぽを持ち上げてしっかりとワンちゃんネコちゃんを立たせます。

POINT
 急に座ったりすると危険なため、しっかりとしっぽを保定してください。どうしても、座ってしまう
  子や暴れる子は誰かにお腹を支えてもらったり、体を押さえてもらうなどして2人で行うように
  してください。

STEP2
肛門の位置を確認して、1m/mのバリカンの刃で肛門の周りの毛を刈っていきます。肛門の中心から外側に、刃の端を使って少しずつバリカンを動かしてください。

POINT
 細いしわや筋がたくさんあるので、しわや筋にバリカンの刃が平行に当たらないように気を
  付けましょう!特に肛門の下側の筋はけがをさせやすいので十分に注意が必要です!

!バリカンを持つ手の小指をワンちゃんネコちゃんのお尻に当てて刈るようにすると、バリカン
   が安定します。
 
 広く刈りすぎると後ろから見たときにブサイクになってしまいます冷や汗
  肛門周りのぷくっと膨れている所を目安に、汚れやすい下側はしっかりめに刈るようにしましょ
  う。

STEP3
肛門にかかってくる周囲の長い毛をハサミでカットします。
コームなどで、周りの毛を肛門の方にときだして肛門にかかる毛をすっきりとカットしてできあがりです♪

POINT
 肛門にハサミの刃先を向けると急に動いた時などに肛門を傷つける恐れがあるため、刃先は
  肛門からそらすようにしましょう!
Posted by : ab0902 | - | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0)