充実したこだわりの品揃えと、豊富な知識を持った専門スタッフがお待ちしております | HOME | 会社概要 | お問い合わせ |
アニマルバスケット ペット専用サロン・ドッグシャワー&スパ・ペットグッズ販売・セルフウォッシュ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SHOP GUIDE
お店のご案内
店舗写真
〒770-0923
徳島市大道3丁目42-2
tel:088-622-1627
fax:088-655-6607
【営業時間】 9:00〜19:00
【定休日】 不定休
地図はコチラ
INFORMATION
カンタンお手入れ 詳細はコチラ
イチ押し商品 詳細はコチラ
EVENT
HOME > カンタンお手入れ講座
カンタンお手入れ講座
<< 第二十回 ドライング★(ドライヤー)長毛種ショートカット編 | main | 第二十二回 ドライング★(ドライヤー)チワワ・ダックス編 >>
第二十一回 ネコちゃんの爪切り☆
今回は犬種別のドライングの仕方を少しおやすみして、ご紹介できていなかったネコちゃんの爪切りの仕方についてお話したいと思います猫

ネコちゃんは本来、木に登ったり自分で爪を研ぐことで爪の長さを調節してきました。ですから、家の外を自由に歩き回っている猫ちゃんは外敵などから身を守るためにも特に爪を切る必要はないかもしれません。しかし、室内飼いが主流となった現在では運動量が減って伸びすぎた爪が肉球に刺さってしまったり、家具や建具を傷つけてしまったり・・・悲しい定期的なお手入れが必要になってきています。

■□■□■□ネコちゃんの爪切り□■□■□■
まず、爪切りですがサロンではワンちゃんと同じギロチン式のものを使用しています。巻き爪になってギロチン式の刃が入らない場合はハサミ式のものを使います。お家ではどちらでも、使いやすい方を使っていただいて大丈夫です。

★STEP1★
切っている部分が動かないように優しく保定してあげましょう。ムリに押さえ込もうとすると、よけいに嫌がってしまいます。足を前にあげてみたり後ろにあげてみたりテーブルを使わずに抱っこしてみたり、その時々に合わせてその子にあった落ち着く位置を見つけてあげてください。どの足からでも、その子の切らせてくれそうな足から始めてOKです。
必ず切っている位置がしっかりと目で確認できるように保定してください。

★STEP2★
ネコちゃんの爪は普段は隠れています。切ろうとする爪の付け根を人差し指と親指ではさんで、肉球を軽く押してあげると爪がニョキッと出てきます。
        隠れている状態                    ニョキッ

★STEP3★
透けている爪のピンク色の部分が血管が通っているところです。この少し手前までは切ることができます。深爪をして血が出てしまった場合は止血剤で止血をします。
             できあがり!!
深爪をして痛い思いをさせてしまうより、お家で切る場合は少し余裕を残してこまめに切ってあ
 げる方がいいかもしれません。尖っている部分を少し切るだけでも飼い主さんの怪我や家具の
 傷みはずいぶん違ってきます。

気まぐれなネコちゃんたちですから、その時の機嫌や体調に合わせて爪切り嫌いにならないように気をつけてあげてくださいね嬉しい寝ている間にそぉっと切るのもいいかもしれませんイヒヒ
Posted by : ab0902 | - | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://care.animalbasket.com/trackback/947987